FC2ブログ

「ヤマボウシ」が花を咲かせ、「ブルーベリー」の実が色付き始めました。

 宇和店の「ヤマボウシ」に花が咲き、「ブルーベリー」の実が色付き始めました。

ヤマボウシの花
 「ヤマボウシ」と言えば「白い花」と思われていますが、本当の花は「中央の球状」の部分です。そこに小さい花が、25~35個集まっています。


宇和店のヤマボウシ

 


 ヤマボウシは「山法師」と書きますが、これは「中央の球状花」を坊主の頭に、白い花びら状のものを坊主の頭巾に見立てたものだそうです。
 ヤマボウシは通常、洋風の家や庭園に良く似合いますが、日本庭園にも植える場所によっては「大正ロマン」ぽい感じを引き出します。


ブルーベリーの実
 4月の記事で、ブルーベリーの花を紹介しましたが、花が散って実が付き、熟し始めました。紫色へと変わろうしています。
 背景が類似色なので見づらいかもしれませんが、今年はたくさん実を付けています。


スポンサーサイト

テーマ : 庭師 - ジャンル : 就職・お仕事

宇和店ミニ庭園、アカマツ剪定

 1年以上ほったらかしていた、宇和店ミニ庭園のアカマツの剪定をようやくしました。ずっと気になっていたのですが、する間がなく、5月2日ゴールデンウイークに入ってやっとできました。

剪 定 前
 去年の今頃、春芽だけは摘んでいたのですが、芽の間引きはしていなかったので、芽が込んで込んでお化けの様になっていました。

剪 定 後
 春芽を摘み、古芽や小枝を間引いて、幹が透けて見えるように剪定しました。
 これで木の内部にも光がよく通り、良い芽が伸びてくるでしょう。

灯篭からアカマツを臨む
 アカマツの幹の曲がりがよく見えるようになりました。
 マツに限らず木の剪定は、幹が見えるようにすることも剪定のポイントの一つです。

 これで、ミニ庭園もスッキリ見え出しました。これからサツキが咲きますが、花が終わると他の木も剪定します。

ヤマツツジ満開!

宇和店のヤマツツジが満開になりました。

山躑躅(ヤマツツジ)

 ツツジ科ツツジ属ツツジ亜属
 九州~北海道(南部)に分布

 愛媛県でも身近な山すそや、丘陵の雑木林でよく見られます。花が咲くこの時季(4月)は、あちらこちらの道路端の山すそを彩るので、車を運転していても目の保養になります。
 画像のヤマツツジは、毎年綺麗な花を満開に咲かせます。同様なヤマツツジがもう1本兄弟の様にあったのですが、去年その木はあるお宅へ旅立ちました。今頃、そのお宅の庭を華やかに彩っていることでしょう。
 キリシマツツジ・ヒラドツツジ・ドウダンツツジ・サツキツツジといったツツジ類と一緒に庭に植えると、4月から6月初旬まで花を楽しむことができ、庭に彩りを添えます。

宇和店の春花

 宇和店の樹木に、春の花が咲き始めました。今回は、その様子をお伝えします。

ハナミズキ(白花)

 ハナミズキの白花です。少し黄色がかった白花で、4月の低温で心配しましたが、満開に咲きました。

ハナミズキ(赤花)ブルーベリー

 ハナミズキの赤花は低温の影響か、例年より少し花が小さいようです。その後ろのブルーベリーは、いっぱいに花を咲かせました。紺色の実がいっぱい付くでしょう。

ドウダンツツジ

 玉物のドウダンツツジです。白い可愛らしい花を咲かせます。ドウダンツツジは、春の花も良いのですが、秋の紅葉も真っ赤になり綺麗です。

 これからヤマツツジ(もう咲いているところもありますが)やサツキが咲き、賑わいを魅せます。ぜひ、お越しください。

ツバキ見頃

宇和店のツバキの花が見頃を迎えました。

岩根しぼり

花の中心はで、外側はピンクの花が咲いています。

金魚ツバキ

このツバキは葉の形が金魚に似ているため、こう呼ばれています。花はピンク色です。

パーバラクラーク

ツバキの洋種で、ピンク色の大輪の花を咲かせます。ガーデニングにもよく合います。