FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生垣改修作業

着手前

 西予市宇和町のお宅で、生垣の改修工事を行いました。



 イブキの生垣の幅が広くなって道路に出ているために、余り幅が広くならないラカンマキに植え替えました。

作業の様子



 イブキを抜根・撤去後、丸太杭と竹で支柱を組んでから苗木を植付けていきました。

完 成





 次第に枝が張って隙間がなくなってきます。ラカンマキは幅を薄く仕立てることができます。
スポンサーサイト

松野中学校樹木移転工事3

藤棚移転前


 長らく記事を更新できず、すみません。松中樹木移転の続きをお伝えします。
この藤棚も卒業記念品である為に、移転しました。

藤棚移転の様子




 長さ・幅・高さがある藤棚なので、積込に苦心しました。また、移転先まで道が狭く桜の枝が出ていたりしたので、慎重に運搬しました。前回お伝えしたフェニックスの横に据付けました。

その他記念樹移転の様子






 画像の様な卒業記念樹も掘取って、グランドの隅に移転しました。2年経ち、新校舎落成後に再び移転されます。 

松野中学校樹木移転工事2

ヤマモモ積込の様子


 前回お伝えしたヤマモモを移植しました。重量は5トンあり、10t吊クレーン車でどうにか積込みました。

ヤマモモ移植の様子






 大きいヤマモモを植付けた後、小さいヤマモモも移植しました。小さいといっても重量は2トンありました。2本ともすでに切口から新芽を吹かそうとしています。

フェニックス移植の様子






 フェニックスも、ヤマモモの横に掘取って植付けました。移植した樹木の内小さい物は別の場所に植付けたのですが、ヤマモモやフェニックスの様に重量がある大きい物は、クレーン車やトラックが近付ける場所でないと無理なので、運動場の隅に植付けました。

松野中学校樹木移転工事1

着 手 前


 私も通った松野中学校が建て替わることになり、先立って樹木を移転する作業をおこなっています。
 画像の大きなヤマモモも移転する樹木の中の1本です。

掘取の様子


 枝を切戻し、切口を蒸散・防腐処理した後、掘り取りました。

掘 取 後




 頑丈に根巻して掘取終了です。根鉢の大きさは、株元が大きいので2mを超えるものとなりました。

門冠マキ、掘取り作業

掘取前の様子

 宇和店にある門冠(かぶり)型のナゴヤマキが、吉田町のお宅に旅立つことになり、それを掘取って運搬する作業をしました。

掘取後の様子

 この場所に植えて3年程経っていたので、根がかなり伸びていましたが、その根を裂かないように切って掘取りました。

根巻きの様子

 土が崩れないようにしっかりと、かつ綺麗に根巻きしました。うちの木が旅立つときは、木の大小に関わらず綺麗に根巻きするようにしています。

積込・運搬の様子

 トラックに積込んで、吉田町のお宅へと旅立ちました。現在は、家の門をかぶる様に植えられ、その姿を通りに魅せています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。