スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛媛女子短期大学「張芝工事」のその後

前回の記事でケヤキの剪定をしたときに、約1年4ヶ月前に愛媛女子短大構内の張芝工事をしたところが、綺麗な緑のスペースへと変わっていたのでお伝えします。

着 手 前
 駐車場だったスペースを、平成21年の1月に大学からの要請で、芝生の緑地帯に変える工事をしました。
 画像は、舗装を剥ぎ取った後のものです。

完成直後
 平成21年1月末に完成したときの様子です。
 着手前の状態から土を10cm敷均して転圧し、芝生を張り、目土をかけています。舗装との境の周囲には、御影石の縁石を並べました。

現在の様子
 1年4ヶ月が経ち、綺麗な緑のスペースへと生まれ変わりました。
 大学の庭園を管理されているおじさんが、丹念に芝生を地際から1~2cmのところで、何回か刈込んでくれたおかげで、密度ある綺麗な芝生となりました。去年からは、学園祭もこの芝生スペースを利用して行なわれるようになったそうです。
 大学構内には他にも芝生スペースがありますが、すべて綺麗に管理されています。


スポンサーサイト

友邸 張芝工事

 今回も、渡邸に引き続き施工した、友邸 張芝工の模様をお伝えします。

着 手 前
 土は適度に入っていたので、整地して芝生を張ります。

下地整地後
 真中手前辺りの土が少し盛り上っていたので、削って低い所に敷き均すと共に、全体を整地しました。

張 芝 後
 下地がきちんとできていれば、綺麗に張れます。

完   成
 目土をかけて完成です。すぐに新芽が吹き出すでしょう。
 施主の友さん(中学校の先生)も喜んでくれました。

渡邸 張芝工事

 今回は、4月6日~9日にかけて施工した渡邸(西予市宇和町)張芝工事の模様をお伝えします。
 既存の土を掘削・除去し、優良土と入替えて芝生を張りました。

着 手 前
 既存の砕石及び土を7cm削って、優良土を敷込んで転圧します。

施工状況
  

  
 ユンボで掘削後、優良土を敷き均して転圧し、芝生を張りました。下地の転圧及び整地が不十分だと芝生を張っても凸凹になり、雨が降ると下がったりするので、下地はきっちりと作ります。

完   成
 芝生に目土をかけて完成です。芝生と駐車スペースの境は、ピンクの御影縁石を据えて仕切りました。

 日照条件も最適なので、10日もすれば綺麗な新芽が出て、子供たちの良い遊び場になるでしょう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。