FC2ブログ

お庭紹介5

 3月25日から27日にかけて、高知県四万十市中村「いやしの里」内にある「四万十の宿」の庭園改修工事をおこないました。この庭園は、約8年前ホテルのオープンと共に施工したもので、今回は庭木の剪定・芝刈り・枕木花壇の据替え・花の植替え他を実施しました。

着 手 前
 画像奥の枕木花壇を撤去し芝生を張り、画像右の花壇の枕木も腐朽により据替えます。

施工状況
  

 ヤマモモの剪定は刈込まずに、自然形にしました。
 花は「マリーゴールド・ペチュニア・バーベナ・ポーチュラカ」を植えました。
 枕木を撤去し、芝生を張ります。

完 成 1
 庭木を剪定し芝生も刈込んだので、すっきりしました。
 夜は庭園灯によりライトアップされ、ノスタルジックな風情を魅せます。

完 成 2
 花植え完了後の様子です。
 ポーチュラカはまだ咲いていませんが、もうすぐ赤や黄色の可愛らしい1日花を咲かせます。
 ポーチュラカの花ことばは「自然を愛する」です。バーベナは「優しい愛」、ペチュニアは「あなたと一緒なら心が和む」、マリーゴールドは「濃厚な愛情」です


 これから「四万十の宿」の庭園は、春のにぎわいを魅せます。

 いやしの里「エコロジーホテル四万十の宿」は四万十川の河口に在り、落ち着いた情緒あふれる客室とお庭、そして素晴らしい風情の露天風呂「いやしの湯」があり、ネーミングのとうり癒されること間違いなしです。ぜひ一度行ってみて下さい。
スポンサーサイト



お庭紹介4

 今日は、柳野弘純邸の造園工の模様をお伝えします。

着 手 前
 家の新築に伴い施工しました。画像にある長い石は昔家の基礎に使っていた地形石で、お施主さんが集めてきて、これを使って延段(通路)を造ってほしいという要望で始まった庭園工事です。同じ大きさの物は一つもなかったので、アイデアを凝らした通路になるようにしました。

施工状況
 玄関前の様子です。広い踊り場を造り、そこから通路を曲げようとしているところです。

完 成
 通路と共に景石を据え、庭木を植え築山とし、芝生を張りました。

完 成(通路の様子)
 地形石で形を作り、石を張ったり伊勢砂利を敷いたり、また石の隙間には玉竜を植えたりして趣向を凝らしました。夜は、六方石の灯篭(通路横)に明かりがともりライトアップされて幻想的になります。

棚田の里で石積み工事

 今日は、3月初旬に施工した農地災害の復旧工事の模様をお伝えします。
 この農地災害は愛媛県下でも有名な棚田の里である松野町奥内地区「遊鶴羽(ゆずりは)」の棚田の一部が昨年夏の豪雨で崩壊したもので、コンクリート練石積みによる復旧工事をおこないました。(画像は遊鶴羽の棚田)


着 手 前

棚田石積みの一部が崩壊しています。

基 礎 工

掘削・床掘終了後、基面が土なので基礎コンクリートを打設しました。

練 石 積 工

続いて、基礎コンクリートの上に石積みを施工し、胴込めコンクリートを打設します。

天端コンクリート

天端には田んぼの畦になるように、コンクリートを打設しました。

完  成

棚田の石積みと似た積み方で、施工しました。
 遊鶴羽地区の棚田は、水車小屋もあり風情あふれる景色が広がっています。良い所なので、興味のある方はぜひ一度お来し下さい。

ツバキ見頃

宇和店のツバキの花が見頃を迎えました。

岩根しぼり

花の中心はで、外側はピンクの花が咲いています。

金魚ツバキ

このツバキは葉の形が金魚に似ているため、こう呼ばれています。花はピンク色です。

パーバラクラーク

ツバキの洋種で、ピンク色の大輪の花を咲かせます。ガーデニングにもよく合います。

コンクリート擁壁完成

 1月14日の「土工終了」の記事でお伝えしたコンクリート擁壁が完成しました。
2月末で完成していたのですが、ブログでお伝えできませんでした。

コンクリート打設状況

土工終了後、1mずつ全5回型枠を施工しコンクリートを打設していきました。その度に、コンクリートの出来形を検測しました。

完  成

これで復旧完了です。
 ここ数年、夏場の雨による出水の破壊力はすさまじいものがあります。この現場も道路上にある小川の水が氾濫し崩壊したものでした。これも温暖化の影響でしょうが、造園業という仕事がら木にもその影響が随所に見られるので、年々心配が増します。