FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岡山で仕事をして来ました。~完成編

着 手 前 1

 前々回掲載した記事「岡山医療福祉専門学校植栽工他」の、完成の様子をお伝えします。

完 成 1

 駐車スペースを復旧し、ケヤキを両側に8本植えました。全体的な美観や調和が生まれるように、施工しました。大きいケヤキを植えましたが、着手前よりも広がりが出たと思います。

完 成 2

 根元周囲には御影縁石を数センチ高く据え、車輌が進入しないようケヤキを保護しました。
 縁石内部には蛍里石(けいりせき)を敷き込みました。濡れると輝きが増します。
 夜は、LEDのライトが、幻想的にケヤキを照らし出します。

完 成 3

 建物前の芝生スペースにも、ケヤキを植栽しました。

着 手 前 2

 生垣・高木の剪定作業も行いました。

完 成 4

 ゴツゴツならないよう、自然な感じに仕上げました。

着 手 前 3

 玄関前花壇のサツキも植替えました。

完 成 5

 花壇内に入っていた芝生を既存サツキと一緒に撤去した後、植え付けました。周囲には、人が進入しないように自然木風のアルミ材で囲み、一部、蛍里石敷きの通路を作って通れるようにしました。

スポンサーサイト

庭師の米作り日記1

育苗の様子

 今年から米作りに挑戦です。祖父・祖母が作っていた子供のころはよく手伝っていたのですが、ここ15年程は町内の人に頼んでいました。その頼んでいた人が今年からやめることになったので、「よし、俺も元は農家の息子だ。自分の田んぼは自分で守ろう。米をつくってみよう。」という意気込みで始めました。
 しかし、米作りは全くのど素人。うちの職人さんや、親戚の人に教えてもらいながら、苗も育てました。画像は、3月19日に苗箱が来て23日後の様子です。

田植えの様子

 1ヶ月近く苗を管理して、4月16日田植えを行いました。うちの職人さんが、田植え機を持っているので植えてもらいました。全部で4反、お昼までに植えてしまいました。機械で植えられなかった所は、自分が田んぼに入り、手植えしました。

田植え後

 田んぼに水を張って、お田植え終了です。

田植え後の苗

 普段何とも思わず食べている米ですが、自分で植えると格別なものがあります。すくすく成長してもらい、良い米ができることを願います。
 2~3年は無理かもしれませんが、庭師の知恵を生かした米作りができたらなと思っています。

岡山で仕事をして来ました。

着 手 前

 3月21日から4月4日にかけて、岡山市の岡山医療福祉専門学校さんとIPU・環太平洋大学さんで、植栽工・駐車場復旧工・施肥工といった仕事をして来ました。
 画像は岡山医療福祉専門学校さんの着手前の様子です。

施工状況1

 ここでは、駐車スペースの板石舗装を復旧し、ケヤキを両側に間隔よく植栽する仕事をしました。最初に板石を剥ぎ取り・仮置きし、既存樹木を撤去しました。

施工状況2

 続いて、板石舗装の目地にあった芝生を撤去しながら、下地を整地して行きました。

入荷状況

 樹高6.5m、枝張り3.0mのケヤキを植栽しました。

施工状況3

 ケヤキ植栽、板石復旧の様子です。ケヤキは、立ち方や支柱の角度に注意して、全体的な調和が生まれるように植付けました。板石の目地は、復旧前は芝生が板石を覆い隠していたので、砂利を敷くようにしました。

 次回は、完成の様子をお伝えします。

お庭紹介14

坪庭着手前1

 前回に引き続いて、鬼北町近永のお宅で施工した坪庭造園工の様子をお伝えします。

坪庭着手前2

 約2m×2mの敷地ですが、入口が狭く8割がた屋根で覆われていて、マンホールが2つあるので、智恵を絞ってアイデアを凝らした庭を施工しました。

完 成 1

 入口からの様子です。飛石横のオタフクナンテンから奥は日が当たらないので、縁石や坪石を使ってポイントを作りました。の画像で分かるように、伊予青石の飛石を渡るとマンホールがあるのですが、既存していた鶴の置物で隠しました。

坪石の様子

 坪石の前には、玉石を魚の鱗のように敷き詰めて、海としました。

完 成 2

 お施主さんのご要望で、化灯篭を据え、既存のシダレモミジを植えて、玉竜で緑を出しました。もう1箇所のマンホールは、石で囲いマンリョウの鉢植えを置きました。

完 成 3

 景石には横目石を3石使いました。立ち縁石の間から見える小さな景石も横目石です。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。