FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の裏で擁壁を築いています。2

法面の岩(石)

 家の裏の擁壁の続きですが、切取法面の途中に、今にも落ちてきそうな角度で据わっている大きな岩(石)がありました。重さにして10数tはあったでしょう。着手前は落ちそうに思わなかったのですが、この岩(石)の上の段を掘削しているとき、作業員が「動いた」と言うので、大慌てでチェーンブロックとチルホールを使って3箇所にワイヤーを張りました。この岩(石)が落ちてきたら仮設の柵ではとても持たず、真下にある家は破壊されてしまいます。大きなクレーン車でもかなり距離があるので、この重さは吊れません。さてどうしたものかと、担当職員と相談した結果、先に下を床掘りして岩のアゴに当たる画像赤線の処までコンクリートを打設すれば岩も動かなくなるので、それから岩を割ろうと言うことになりました。

法面の岩(石)

 大きな岩が3つに割れていて、現場で見ると非常に圧迫感がありました。下を掘るといっても下も岩層なので、土を掘るようなわけにはいきません。10数年前の芸予地震や6~7年前の大雨の時も動いていないので、大丈夫だろうと思って掘って行ったのですが、真下を掘っていた時に、削岩機の振動の影響か、直径30cm程の岩(石)の欠片が落ちてきたことが一度ありました。幸いケガ人はなかったのですが、それからみんな青ざめた表情で掘り進みました。

裏に亀裂が

 岩の下10mの範囲を床掘り終了後、コンクリートを岩のアゴまで打設して動かなくした後、岩の上段にかけていたシートを除いてみると、なんと40cm程の亀裂が下に向かって入っていました。作業中動いた様には見えなかったのですが、じわじわワイヤーを伸ばし傾いていたのでしょう。この亀裂を見たとき家の人も慌てて私に電話してきましたが、もう大丈夫岩(石)はこれ以上絶対に動かない

岩掘削の様子

 とは言っても岩の破片が家に当たったら大変なので、まずは単管を頑丈に組んで岩の前に広い踊り場を作り、家の方に割った岩がいかないようにしました。亀裂と岩の間には土が溜まっていて、その土を取り除きながら割っていったのですが、意外と割りやすい岩でした。ユンボが移動できるスペースがないので、人力でこの岩をやっつけました。今年のゴールデンウイークは1日しか休まず、この岩(石)と格闘していました。

岩掘削後

 この岩の上付近に石で囲んだ小さな祠があったのですが、ワイヤーを張ってからのこの1ヵ月、榊を立て酒・米をお供えし、ほぼ毎日お水を替えて御参りしたかいがあり、ケガ人もなく家も無事で、「やらしい」思いをさせられた岩(石)を取り除くことができました。完成後はこの祠を移して祭り直そうと思います。
 画像赤線がが岩(石)のあったラインです。「ありがとう、おかげで白髪が増えたえ。」

現在の状況

 現在、赤線の所までコンクリートを打設しています。来週には完成予定です。

スポンサーサイト

ヤマモモのお嫁入り

ヤマモモ運搬状況

 今年1月に三島小学校で掘り取ったヤマモモが鬼北町内のお宅にお嫁に行きました。掘り取り後、根巻きしたまま5月まで置いていたのですが、切口から水分が蒸散しないように防腐処理していた為、枝先まで生き生きとしていました。

ヤマモモ植栽状況

 根鉢の周囲より60cm程広く植え穴を掘った後、クレーン車で吊上げて植え付けました。大きい木もしっかり根巻きすると、1つの物体と同じで、楽に吊ることができます。根巻きしていないと、吊るときに土が崩れたり、植付け後木が傾いたりするので、活着しずらくなります。

ヤマモモ植栽後

 道路側から撮った画像ですが、正面は家のベランダを向いています。これから新芽を伸ばし、良い樹形となりこのお宅を引き立てるでしょう。
 周囲の景石と低木は、木を吊った松野重機さんが据付け・植栽しました。中々上手に施工していました。

庭師の米作り日記2

防護あみ設置の様子

 「よし、やるぞ!」と思い立って始めた米作りも中々大変です。田植えから1週間後、除草剤を田んぼに散布しましたが、その後すぐに、イノシシ・シカよけの網を畦周囲に設置しました。
 昔はイノシシやシカも滅多に里に出てくることはなかったのですが、ここ数年田んぼに入って新芽や稲穂を食べたりするので、網を張らなければなりません。これが中々大変で、作業しながら「イノシシ君、シカ君、来てくれるな。」と、ついつい恨み節が出ます。米作りよりもこちらの方が手間がかかります。
 幸い、親戚の人が漁師さんにもらった網を分けてくれたので、画像の田んぼには張れましたが、まだ別の田んぼがあり、その分が100m以上あるので「さて、どうするか」と思い悩んでいるところです。米作りにはなるべくお金はかけたくありません。

田植えから1週間後の稲

 4月16日に植えてからこちらは寒く、朝霜が降りることが何度かあったので、箱苗のときよりも植えてからの方が色が悪くなってしまいました。しかし、だいぶ暖かくなってきたので、今日現在は良くなって来ています。
 仕事をしながらお百姓をすると、日曜日というものは無いですね…

虹の森公園おさかな館、モッコク剪定作業

モッコク剪定前

 虹の森公園「おさかな館」のシンボルツリーであるモッコクを剪定する作業を行いました。
 このモッコクは、おさかな館が開館した時に植えたもので、それから15~16年間手入れをしていませんでしたが、この度、津村館長さんの依頼で、樹勢回復の為の剪定作業を行いました。

剪定作業の様子

 モッコク上部は、高所作業車で剪定しました。枝先から幹まで枯枝がかなりできていたので、それらをすべて除去する作業も合わせて行いました。
 込み入った枝も間引き、枝を整えて行きました。

 (撮影:津村おさかな館長)

施肥作業の様子

 樹勢回復のため、根元に肥料を施しました。環状に穴を掘ることで、肥効の範囲が広がります。

剪 定 後

 枯枝の除去と整枝を中心に剪定しました。元々枝に葉があまりついていなかったので姿はあまり良くないですが、これから新芽を伸ばし勢いが出てくるでしょう。おさかな館に来たら、ペンギンとこのモッコクも観て下さい。

家の裏で擁壁を築いています。

着 手 前

 岡山での仕事終了後、家の裏にコンクリート擁壁を築く、がけ崩れ防災対策工事をおこなっています。
 年度末バタバタしていて、本格着工は4月になってしまいました。

仮設防護柵

 まずは、家に土や岩が当たらないように、単管・金網・ブルーシートで仮設の柵を立て、検査を受けました。

土工、施工状況1

 表面の土を取り除き、岩を出します。

土工、施工状況2

 岩を出した後、丁張りの形に岩を掘削していきます。

鉄筋工、施工状況

 床掘り終了後、アンカー筋を岩に挿入し、鉄筋を組みました。

コンクリート打設状況1

 型枠を施工し、コンクリートを打設して行きます。

コンクリート打設状況2

 現在、4.0mまで施工しています。
 工期は5月31日まで。着工が遅くなってしまった為、ゴールデンWeekも1日しか休まず施工します。子供たちが「あそこ行く、ここ行く」と、うるさいですが…。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。