FC2ブログ

お庭紹介16

着 手 前

 西予市宇和町のお宅で、芝張り・植栽工事を行いました。

シマトネリコ植栽

 ウッドデッキの横に、シマトネリコを植付けました。この時期は水分の蒸散を抑えるために、枝葉を多めに透かしました。根が活着すれば、新芽が伸びてきます。

下地転圧・整地の様子

 芝生を張る前に、下地を転圧・整地しました。

芝張りの様子

 下地の整地がうまくいくと、芝生が綺麗に張れます。

芝張りの様子

 芝張り後、目土をかけていきます。フェンス前には、生垣を施工します。

完 成

 芝生や木に水をかけて完成です。庭に緑があると、家も引立ちます。ウッドデッキと緑の関係が綺麗です。このお宅のお子さんが、駆け回って遊ばれるでしょう。芝生と土の境には、縁石が据えられます。

生垣仕上りの様子

 生垣にはレッドロビン(西洋ベニカナメモチ)を植付けました。

スポンサーサイト



家の裏で擁壁を築いています。3

完 成

 家の裏で施工していたコンクリート擁壁が6月初旬に完成しました。
 前回は、法面途中にあった大きな石の話をお伝えしましたが、石が落ちることなく、家も人も無事で完成を迎えることができました。

完 成

 画像赤枠が大きな石のあった箇所です。岡山から帰ってきた4月初旬から一ヶ月程この石と「にらめっこ」していたのですが、今は跡形も無くなりコンクリートで覆われてしまいました。この家の奥さんに、「これで安心して眠れらえ。ありがとう。」と感謝されました。オモイッキリ熟睡して下さい。
 施工中御参りしていた小さな石の祠は、ご主人が擁壁近くに据え替えて奉り直すそうです。神様ありがとうございました。

庭師の米作り日記3

防護あみ杭設置の様子

 前回と同様、別の田んぼでもシカ・イノシシ防護の為のあみを設置しました。こっちの田んぼは、コの字型に囲わなければならないので距離が長く、杭を2.5m間隔に60本以上打ち込みました。苗が伸びてきたらシカが葉を食べると言うので、仕事が終わってからや日曜日を利用して施工しましたが、スポーツ少年団(ソフトボール)のコーチをしていて月・火・木・金と教えに行かなければならないので、息つく暇もありません。

防護あみ設置後

 親戚の人にもらったあみを取付けて、シカに食べられる前になんとか完成しました。

一ヶ月半後の様子

 田植えから一ヵ月半が経ち、苗も大きくなってきました。

お庭紹介15

着手前

 鬼北町のお宅で、入口と生垣の改修工事をしました。
 入口の通路が坂になっていて、お孫さんが勢いよく道路に飛び出して危ない為に、門扉を付けて入口を改修することになりました。また、カイズカイブキ生垣の幅が広くなり管理し難くなったと言うことで、ラカンマキの生垣に植替えました。

生垣支柱設置

 既存カイズカイブキの生垣撤去後、ラカンマキを植える前に丸太杭と三寸竹を使って、生垣形支柱を組立てました。この支柱がないと苗木が真っ直ぐ育ちませんし、根が風でユラユラして活着も悪くなります。

入口施工状況

 道路からの既存コンクリートを取壊し、門扉とのつながりが良くなるように御影縁石を使って通路を改修しました。通路両側には花壇を作りました。

生垣仕上りの様子

 支柱設置後、間隔良く苗木を植えました。数年後、横枝の詰まった美しい生垣となります。

入口完成

 門扉を取付けて完成です。両側花壇には奥さんが花をたくさん植えて、華やかな入口通路となるでしょう。