FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

庭師の米作り日記4

7月23日の様子

 「今日こそブログ更新するぞ」と思いながら、1ヶ月以上経ってしまいました。その間に稲刈りも終わってしまいましたが、今回はその模様をお伝えします。

 画像は稲穂が出揃い始めたときの様子です。

8月16日、稲刈り前の様子

 それから段々と色付き始め、稲刈り前には黄金色になりました。収穫の訪れを告げています

稲穂の様子

 昔(江戸時代)は、給料を米で払っていたそうですが、黄金色に輝く米を見ているとその1粒1粒がお金に見えてきます。これが農業なのですね。当たり前のことですが、自分で作ってみると実感します。

 今年初めて作った割には順調に育ったのですが、稲穂が出揃ってから防護網を掻い潜ってイノシシが入ったことが一度ありました。幸い小さなイノシシ(ウリ坊)だったらしく、被害はほとんど無かったのですが、網を張っていても入ってくるイノシシには驚きました。イノシシ恐るべし。

稲刈りの様子

 稲は近所の人に刈ってもらったのですが、コンバインが大きいのと稲が倒れずに立っていた為に、2時間程で終わりました。

新米の様子

 稲刈り直後の新米の様子です。みずみずしい米が獲れたと思います。田んぼ4反で28俵(56袋)収穫できました。1反につき7俵できたわけですが、来年はもっと管理を大切にし、1反に8俵つくれたら良いなと思います。

 まだ古米が残っているので食べていませんが、もうすぐ自分が初めて作った新米を食べることができます

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。