FC2ブログ

俳句の小径句碑移転工事~2

着 手 前

 前回の続きで、残り2つの句碑移転の模様をお伝えします。

 この句碑は松野西小学校裏山の山頂付近にあり、これを下の体育館前まで下して据え直します。

施工の様子

 着手前の状態では小型運搬車で下せる位の石かなと思っていたのですが、台座を壊してみると1tはある大きい石でした。この石が積める運搬車は山道の狭い所が多いため入らないので、チェーンブロックで引っ張り下すことにしました。

施工の様子

 この画像の左側コンクリートの所まで下せば、クレーン車が届きます。やれやれ。なんとか1日で下せたので良かったです。

施工の様子

 クレーン車で吊って、無事トラックに積込みました。

施工の様子

 体育館前の空き地に台座を作り句碑を据えました。

完 成


 山頂から人目の付くところに移転されて、芝不器男さんも喜んでいることでしょう。
 風鈴の 空は荒星 ばかりかな ~不器男

着 手 前

 旧松野温泉敷地内にあった句碑も移転しました。

着 手 前

 近くにある町施設の道路側に移転します。

完 成


 こちらも俳句愛好家の方々や道行く人々の目に触れやすくなりました。
 ふるさとや 石垣歯朶(しだ)に 春の月 ~不器男
スポンサーサイト



俳句の小径句碑移転工事~1

着 手 前

 松野町内には「芝不器男」さんの句碑が点在し、句碑めぐりができる様になっていますが、場所が悪い所にあるその中の3つを移転する工事をおこないました。今回は、旧松野温泉の敷地角にあった句碑移転の模様をお伝えします。

 赤円で囲んだ擁壁上の句碑を、三角で囲んだ緑化ブロックに石を積んで台座を作り据えて、道路から見えるようにします。

着 手 前

 四角で囲んだ範囲に台座を作り句碑を据えます。

施工の様子

 まずは既存句碑の台座を撤去し、句碑を吊り下して文字に色を塗りました(字が見にくい為)。

施工の様子

 緑化ブロックのサツキを撤去し、石が積める様にしました。

施工の様子

 根石を据える箇所が水路もあり20cm位しかなく狭い為、崩れ石積みと言うやり方で施工しました。このやり方なら石を縦に薄く使えて、垂直に施工できます。

施工の様子

 台座完成後、クレーン車で句碑を吊上げて据付けました。

完 成


 根石の元にコンクリートを打設して完成です。道路端に下したので、俳句愛好家の方々や道行く人々の目に触れやすくなりました。また、文字に色を付けたので見やすくなりました。
 泳ぎ女(め)の 葛(くず)隠るまで 羞(は)ぢらひぬ ~不器男

滑床遊歩道復旧工事

1工区着手前

 足摺宇和海国立公園に属する滑床渓谷の遊歩道復旧工事を行いました。
 9月に上陸した台風15号による出水で遊歩道の路肩が崩壊した為に、歩行が危険であることから復旧することになりました。

2工区着手前

 遊歩道表面の石が飛ばされた箇所もあり、歩きにくい為復旧しました。

材料運搬の様子

 渓谷沿いの遊歩道なので車で行ける所まで行った後は、運搬車や一輪車を使って材料を運搬しました。
 距離は約300m、こういう現場は施工よりも運搬作業に智恵と労力を使います。

1工区完成


 石も不足していた為、沢から拾って来て積み上げました。手頃な石がなく寄せ集めて石を積んだ為、あまり綺麗にはできませんでしたが、石裏にはモルタルを詰めて頑丈に施工しました。

2工区完成


 モルタルを使い石を張って歩きやすくなりました。
これから滑床には「紅葉狩り」を楽しむ人がたくさん訪れます。