スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西ヶ方小学校、記念碑据付け工

着 手 前(右正面)

 四万十市西土佐村にある西ヶ方小学校が3月末で閉校されることになり、その記念碑を据付ける工事の依頼を受け施工しました。

着 手 前(左正面)

 既存樹や景石を掘取り・撤去し、使えるものは記念碑周囲の植栽や台座石組に再利用して施工しました。

台座石組の様子

 既存石垣の上に、記念碑の台座を作りました。の中央に見える景石として据えられてあった石も台座の石組に利用しました(画像右端)。

完 成


 台座石組仕上がり後、重量3.2tある記念碑と文字が彫られたプレートを据付けて完成です。台座内はツバキやアカマツ・ナンテン・モッコク・サツキといった既存樹を植栽し、表面には四万十砂利を敷いています。


 この学校が現在の校舎に建て替わったときの落成記念碑も、台座横の盛土部へ据え直しました。周囲に景石を配置しました。



 この閉校記念碑の設置には、生徒の保護者や卒業生、地元有志の方々が携わっておられ、協力しながら施工しました。その方々にとっても思い入れある学校が閉校になるのは、感慨深いものがあると思います。自分が通い、自分の子供たちが通っている小学校も人数が少ないので、閉校になったとしたらどんな気持ちになるだろうと想像しながら施工しました。地元から学校が無くなるのは地域にとっても寂しいことだと思います。新しい小学校に移られる生徒みんなの健やかな成長を期待します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。