スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お庭紹介26

“化け灯篭”据付けの様子


 松野町の歯医者さん「芝歯科医院」さんのお庭で、“化け灯篭”(以下灯篭)を据え直す仕事をしました。庭の奥に据えられていた灯篭が、木の根に押し上げられて倒れた為、広い所へ運んで据付けました。運搬距離は4~5m程でしたが、重量があったのでコロ(丸太)の上に型枠(コシタの代り)を置き、その上に石を乗せて運びました。画像は、運搬後に三脚チェーンブロックで灯篭を組み上げるところです。



 笠に苔の付いた趣ある自然石の灯篭が、庭の奥から前へと据え直されました。この灯篭は、約1年前から倒れたまま待っていたのですが、先日ようやく直してあげることができました(芝先生すみません)。

縁石設置の様子


 灯篭据付け後、先生が「待ったついでに砂利も敷こう。」と言うので、飛石周囲の土を削った後、築山の土が砂利に流れて来ないように、庭の隅にあった小石を並べました。

仕上り後




 縁石設置後、白玉砂利を敷き込んで仕上りました。白砂利と石張通路・飛石の関係が味わいを出しています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。