FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虹の森公園モミの木移植

 今回は、4月5、6日に施工した虹の森公園の「モミの木移植工」の模様をお伝えします。この移植工は、虹の森公園内に「滑り台」「ジャングルジム」他、遊具が新しく設置されるに伴いおこないました。

着 手 前
 このモミの木は今から約10年前、クリスマスのイルミネーション用に松野町商工会青年部(私も一員)が植えたものです。ここにアプローチ(通路)ができるため、移植することになりました。

掘取・根巻き後
 ユンボ及び人力で掘取後、根巻テープと麻縄2本どりでしっかり巻き付けました。こうすることにより、根がしっかりして移植後の活着が良くなります。

運搬状況
 ユニッククレーンで吊り上げて、公園内30m離れた場所に運搬します。トラックと比べると、なかなか大きい木だと分かります。

移植完了
 植え付け後、頭部の芯が3本立ちになっていたので1本にし、枝透かしの剪定をしました。通常、掘取後は根を切っているため枝葉を多めに切るのですが、モミのような針葉樹はそうすると枯れてしまうため、弱い剪定をします。
 最後に、倒伏防止のため支柱を取り付けて完成です。
 5月には、画像モミの木の奥広場に「滑り台」や「ジャングルジム」ができて子供達の良い遊び場になるでしょう。ご家族でぜひいらして下さい。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。