FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「さくら」を寄贈した、やさしい「おばあさん」のお話

 先日、うちに1本の電話がありました。
 近所のおばあさんからでしたが、「農協の前の細長い土地に、さくらの木が1本ありますが、私と同様に年をとってかわいそうです。隣に新しくさくらを植えて勇気づけてあげたいのです。町のごみ収集場所でもあるから、綺麗にしておきたいし…。そこは○○さんの土地だけど、代金は私が払うので、さくらを2本植えて下さい。」というお話でした。
 そこで地主の○○さんに確認してみると、「今のご時世、自分でお金を払ってまで他人の土地を綺麗にする人がどこにいますか。そんなやさしい人が近所にいたんですね。それこそ植えて下さい。」

さくら植栽前
 画像中央にあるのがそのさくらです。松野町吉野の中心部に昔からあります。古木ですが、毎年花を咲かせ新葉を出しながら、この地区を見守ってきました。子供のころから知っているこの木は、おばあさんにとって思い入れ深い木なのでしょう。


 宇和店に、ちょうど良いさくら(ソメイヨシノ)が2本あったので、掘り取って植えることにしました。


さくら植栽後
 掘取で根を切っているため、摘葉して植えました。
 これから、この2本のさくらが子供のように、古さくらを励まし、支えて、吉野地区を見守っていくでしょう。

 

 仕事中に私の小学校時代の先生が通りかかって、「ああ、そういう理由でさくらを植えよるの。純二さん、おばあさんの名前を書いてあげたら。」
 「そうだ、そうだ。」と思い、植え付けたさくらの支柱に、このさくらを寄贈されたおばあさん「竹内ちゑ子」さんとご主人の名前を白字で記しました。


 植栽後、おばあさんが私に言いました。
 「ありがとう。これで古さくらは一人ぼっちじゃなくなりました。来年から3本そろって綺麗な花を咲かすでしょうね。何年見れるか分からんけど。」
 おばあさんも、この古さくらと一緒にいつまでも長生きしてください。やさしい心をありがとうございました。
スポンサーサイト

コメント

桜の木

「桜の木の話」とてもあたたかい話でこころが癒されました。
4/10日には松野町で「森の国さくらの会」が発足しました。
私もさくらが好きなので会員になりました。
その日はちょうど誕生日であり、これもきっかけになりました。
今後は松野町全体がさくらの花でいっぱいになり、このような
あたたかな話や明るい話題で松野町が活性化するといいで
すね。
今度この桜の木を見に行きます。

No title

心温まるお話ですね。 v-278
”おばあさん”と”吉本さん”そして”先生” 松野町は良いひとばかり。
私も見習っていきたいものです。。。

PS:アクセスカウンターがなんと【999】・・・ラッキーv-221
   

コメントありがとうございます。

もりぐちさん、コメントありがとうございます。おばあさんの旦那さんが神主をしていたので、私が小学生のころは、お祭りのときとか家に上がりこんで迷惑をかけたものでした。その当時から優しいおばあさんでした。

PS:今までも何度かコメントありがとうございました。返信の仕方が分からなかったので、コメントできませんでした。理解したので、これからもお願いします。  

Re: 桜の木

yamadaさん、コメントありがとうございました。
お誕生日おめでとうございます。さくらの季節にお生まれになったのですね。
私も「さくらの会」に法人で入会したので、よろしくお願いします。

PS:コメントの返信の仕方がやっとわかりました。これからもお願いします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。