スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

筧(かけひ)の据え替え

 「10年前にお宅でやってもらった筧(かけひ)が、腐って悪くなってしまったので、やり変えて下さい。」との連絡があり、筧の据え替えをおこないました。

筧、据え替え前

 筧は、「つくばい」の手水鉢(坪石)に水を落とす竹筒のことです。
 画像中央の筧は10年経ち、竹筒はもちろん、「こまがしら(立ち上がりの四角い木)」にも腐朽が目立っていましたが、まだ水滴をポトンポトンと落としていました。

筧、据え替え後1

 据え替え後の様子です。「こまがしら」はバーナーで表面を焼き、黒く仕上げています。竹も表面をバーナーで軽くあぶり、布で何度か擦り拭き、つやと色合いを出しました。

筧、据え替え後2

 根入れ(土に埋めた部分)を深くしたので、であった竹筒の×型の控え竹は省きました。
 今頃は、腐らない人工の筧もありますが、やはり自然の竹で作った筧には風味があり、年数が経ち古びた感じの「つくばい」とよく合います。
 新しい筧も、ポトンポトンと水滴を間隔よく落として、自分の仕事を始めました。これから10年ガンバレ

 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。