FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父が最後に教えてくれたこと

 重機が搬入できないお庭で、チェーンブロックを使った人力による庭石の搬出作業を行ないました。このような現場は、年に何箇所かありますが、いろいろ智恵を出し合って施工する現場です。

庭石吊作業-1
 ミニユンボは搬入できたので、画像の場所まで庭石を引き摺りだしました。しかし、吊り上げることができません。そこで、丸太を三脚に組んで、上部にチェーンブロックを取付け、庭石にワイヤーを巻いて吊り上げます。

庭石吊作業-2
 チェーンを引っ張ることで、庭石を吊り上げて、運搬車に積み込み搬出しました。
 庭石の重量は、1t近くあると思います。

石割り作業-1
 次は家の裏手にある庭石の搬出作業です。ここは出入口が、人が一人通れるくらいの幅しかなく、現況の大きさでは搬出することが困難なため、仕方なく石を割って運び出すことにしました。
 まずドリルで石に穴を数箇所開け、楔を挿入してハンマーで均等に打ち込んでいきます。

石割り作業-2
 画像では確認できにくいですが、庭石が見事に半分に割れて、搬出することができました。
 画像に写っているのは父です。

 この作業が終わってしばらくして、父が急に他界してしまいました。この石割作業を私は初めて行なったのですが、父が虫の知らせか「息子に教えておかんといけん。」と思って、最後に私に教えたのかもしれません。生前は、仕事のことで父に反発したことも多数ありましたが、いざいなくなってみると、父の偉大さをヒシヒシと感じます。親が死ぬということが、これ程つらいものだとは思いませんでした。
 これからは、(有)吉本庭園の代表として、また一家の主として頑張っていきます。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメント

No title

お悔やみ申し上げます。
私も10数年前に父を亡くしました。

>生前は、仕事のことで父に反発したことも多数あり・・・父の偉大さをヒシヒシと感じます。
まったく同感です、”親孝行したい時には親はなし!”

これからのご活躍が親孝行となるのでは。。。
ガンバッテ下さい。

Re: No title

 町人Mさんも10年前に親を亡くされているのですね。
親孝行できなかった分、町人Mさんが言われるようにこれから頑張って生きます。
励ましのコメントありがとうございました。

お悔やみ申し上げます。

突然の訃報心よりお悔やみ申し上げます。
昨日仕事をしている純二さんにお会いして少し安心しました。
まだまだ、暑い日が続きますが身体に気をつけて頑張って下さい。
ブログも楽しみにしています。

ありがとうございます。

ポッポ温泉前でお会いしたKYさんですよね。その節はご心配をおかけして、本当にありがとうございました。
これから一歩一歩頑張っていきますので、お付き合いの程よろしくお願いします。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。