FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7年ぶりの「森の国大運動会」

 

 10月17日、森の国松野町で7年ぶりの町民運動会となる「森の国大運動会2010」が開催されました。子供からお年寄まで参加するこの運動会は、町内の9部落対抗で行なわれ、玉入れ・綱引き・リレーや松野町の特性を活かした競技で盛り上がりました。

 私も体育指導委員として前回(2003年)・前々回(2001年)の町民運動会を経験しているのですが、なにしろ7年ぶりなものでスタッフとして期待と不安があったのですが、始まってみれば参加者みんなが競技に熱中し、盛況の中進行して行きました。
 上の画像は「おしてひいて」という、丸太を小学生から大人まで5人が順番にノコギリで切って速さを競う競技です。普段ノコギリを手にしたことがない小中学生は苦労していましたが、各チーム競技の内容上メンバーに入っていた大工さんたちは熟練のノコ捌きを魅せていました。

 最後の競技は「部落対抗リレー」です。午前の予選を勝ち上がった6チームが、小学生から50代まで男女混合9人ずつでバトンを渡しました。熱戦のすえ、延野々チームが1位となり、町民運動会総合でも優勝に輝きました。

 閉会式終了後、3台のトラックの上から「もちまき」を行い、参加者みんなが和気あいあいと拾って、7年ぶりの町民運動会「森の国大運動会」は幕を下ろしました。
 参加者集めを担当された各部落の分館長・組長さん、また大会の運営に協力されたスタッフの皆さん、お疲れさまでした。天候にも恵まれた良い町民運動会だったと思います。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。