FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お庭紹介10~「佐賀の乱」江藤新平が泊まった古庭園

剪 定 前
 今回のお庭紹介は、1874年(明治7年)に起きた「佐賀の乱」のリーダー格、江藤新平が泊まった古庭園です。
 松野町吉野で代々酒屋を営む正木酒店さんの庭園で、庭内には、アラカシ・カイズカイブキ・クロガネモチ他の古木が植えられていますが、その剪定作業を行ないました。

剪 定 後
 かなり枝が伸びていたので大剪定を行ない、切口に防腐処理を施しました。来春には新芽が出て、枝ぶりが段々と良くなります。
 画像右奥の2階より高い木はクロガネモチで、根元周長が2m以上もあり変化のある形をしているので、古木の風情を感じさせます。塀の上に姿を見せるサンゴジュと梅の古木もスッキリとしました。

古庭園内部の様子1
 縁側前からの眺めを撮影した画像です。年月が経ち、古びた庭石・樹木・灯篭と苔や下草類の魅せるハーモニーが、古庭園の良さを引き出しています。日本人の心を思い出させてくれます。見所の多い古庭園です。

古庭園内部の様子2
 大きなカイズカイブキが植えられていて、その周囲を回遊するようになっています。苔のじゅうたんが綺麗です。
 佐賀の乱で敗戦した江藤新平は、土佐へ逃亡する途中に正木酒店さんへ泊まりました。その夜追手が来て、画像奥、塀と家の角に梅の木があり、その梅の木を登り塀を越えて外へ出て、追手から逃げたそうです。現在その梅の木は枯れてありませんが、当時を連想することができます。

ロッジ「四季の粋」
 正木酒店さんは、近所を流れる四万十川の上流、広見川沿いに別荘風ロッジ「四季の粋」を経営されています。田園風景の中にあるロッジは好評で、県内外から田舎で休暇を過ごしたい人が多数訪れるそうです。今回このロッジの剪定作業もして、お庭も綺麗になりました。ぜひお越し下さい。
スポンサーサイト

コメント

スッキリ!!

私も何回かお邪魔させて頂いてますが立派なお庭ですね。
今度スッキリしたところを拝見させて頂きます。
それと、江藤新平談をおやじさんにお聞きしたいものです。

Re:

コメントありがとうございます。私も作業の休憩中におやじさんから聞いて初めて知りました。歴史が好きなので興味が湧いて記事にしました。詳しいことは、おやじさんが色々知っていました。聞いてみてください。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。